INDEX BACK
Abdiel
製作元 GAS
動作環境 Win 95/98/NT/Me/XP・Mac OS X
ジャンル 本格派調教SLG
価格
DL版 ----円
パッケージ版 3480円(税別)
発売日
DL版 ----/--/--
パッケージ版 2000/12/22
あらすじ

「獣人タイプのセクサロイド…ですか?」
「あぁ。生態型で、少年タイプのものを作ってほしい」
「……はぁ」
「報酬は言い値で構わん。できれば2年くらいで…なんとかならんかね?」
「…キツイですねぇ。ま、やってみますよ」
 
 俺の仕事はアンドロイドの開発・研究ってやつだ。金持ちの娯楽用にアンドロイドを作るのが主な仕事内容で、今回もまたムチャな注文をつけられ仕事を請け負った。獣人で少年タイプね…ったく。金持ちの考えはわかんねぇな。ま、とんでもねぇ金が貰えるからいいんだけど……。

「……完成しましたね」
「あぁ…多分」
「多分だなんて…大丈夫ですよ、何も問題ありません」
「とりあえず、目ぇ覚ましてからじゃないとわかんねぇかんな」
「くすっ。起動するの楽しみですね」
「まぁな。明日から少しこいつ等、調整しないとな」
 プラントの中で眠っている2体のアンドロイドを見ながら煙草を咥える…と、すかさず助手の柏木君が火を点ける。
「ありがと」
 じつに彼は真面目で、よく働いてくれる。見た目は、ややとっつきにくそうな感じだが腰が低く謙虚で気が利く。ルックスもそこそこだし、ガタイもいい。
「…どうかしましたか?」
「あ…いや、なんでもない」
 ついつい、じっと見つめてしまっていたらしい。視線を逸らし、またプラントを見つめる。
「こいつ等の調整、君にも手伝ってもらうからね」
「はい。わかっています」
「……って、さぁ。今回、ちょっといつもと違うんだよね」
「はぁ…というと?」
「こいつ等、セクサロイドとして売らないといけねぇんだよ」
「……はぁ」
「だから…そゆこと」
「……はぁ、で?」
「で?…じゃなくって。だからぁ、明日から俺こいつ等とやりまくっから」
「は!?」
 やっと事態が飲み込めたようで、柏木君は目を真ん丸に見開き俺を見つめた。
「…で、君からサンプルデータを取らせて欲しいんだ」
「……博士?」
「うん。だから君にも同じことすっから」
「そんな…嫌ですよっ!!なんで、私が…」
「んなこと言ったって、仕方ないだろ?男のデータ、必要なんだから」
「………」
「給料、いつもの倍出すからさ」
「お断りします。私じゃなくって、誰かそれ専門に雇って下さい」
「慣れてる子じゃ駄目なんだっての」
「……だからって、なんで私が」
「うーん…俺の好みってやつかな」
「………」
 やっぱり納得しないか…真面目だし、ホモじゃなさそうだかんな。しょうがない、ここはひとつ力技でいくか。
「ごめん」
「え???」
 ポケットから麻酔針を取り、素早く彼の首に刺した。
「……あ…博…士!?」
 床に倒れた彼の身体を抱き上げてみると思っていた以上に重く、俺はやっとのことで別室まで運んだ。目が覚めて抵抗されるとやっかいなので、身につけている服を全部脱がしレザーの拘束具を付け、鎖を手枷にかけた。このまま少し楽しみたい気もするが、それは明日にとっておこう。鍛え上げられた筋肉に、レザーの拘束具がよく似合う…軽く頬を撫で、俺は部屋を後にした。

 クライアントに納品する期限まであと2ヶ月。セクサロイドとして機能するまで、調整するには十分な期間だ。

レビュー
 ゲイ向けの作品です。
 しかしながら女性やショタ属性の男性も楽しめる作りです。
 エロ特化作品です。
 玩具用アンドロイド2人&研究員1人を60日間掛けてM奴隷に大調教!
 メンツは、
・感情をほとんど表に出さないシロ(ショタ)
・反抗的なクロ(ショタ)
・非協力的なノンケの研究員の柏木(ムキムキメガネ)

 初めは3人共無反応&そっけない&反抗的態度を取るのですが、調教を進める内に欲望全開のおねだり君に大変化。
 スカトロやフィストもアリ。
 個別エンドは勿論、喜びのハーレムエンドもガッチリ完備!
 オフィシャルサイトから追加キャラクター(有料)をドンドンダウンロードする事が出来ます。
 何と総勢6人!しかもどのキャラクタも魅力的。
 追加キャラクターのキャラクタデザインは犬飼隷二さんとKenさんです。
 値段の割にお特度大ッ。
トラベルミン