INDEX BACK
製作元 Leaf
動作環境 Win 95/98
ジャンル ADV(ビジュアルノベル)
価格
DL版 ----円
パッケージ版 5800円
発売日
DL版 ----/--/--
パッケージ版 1996/07/26
あらすじ

「夢と現実、欲望と理性、そして、癒されぬ痕…。」
 別居中だった親父が突然の事故で死んで早一ヶ月。

 せめて四十九日の間くらいはと、長い大学の夏休みの終わり、俺はかねてから予定していた旅行を取りやめ、田舎にある親父の実家へと訪れた。

 幼い頃に両親を亡くし、俺の親父に扶養されていた従姉妹の姉妹たちも、悲しみに明け暮れていた日々に決別し、徐々に明るい笑顔を取り戻しつつあった。

 心に深い痕(きずあと)を残したまま、俺を優しく迎え入れてくれる彼女立ち。だが事件は、そんな彼女たちの心を、冷たく非情に引き裂いていった…。

レビュー
 心に響く名作です!

 始めの3週はアレ!?こんなモノなの!?(全部千鶴ルートでバッドエンド)
 と、期待をしていた分肩透感が否めずプレイ中断を考えました。
 がッ!楓ルート!
 ガラッと話が変わってビックリ。
 千鶴ルートでは登場しなかった人物まで登場!
 千鶴ルートでは全然コミュニケーションを取る事が出来なかった楓と沢山触れ合えて幸せ。
 楓ルート2週目で幸せエンドを迎える事が出来た時は本当に嬉しかったです!
 そうして本命の梓ルート!
 千鶴とも楓とも全然違った話。
 奥の深さに驚愕です。梓可愛い。何度もバッドエンドを迎えてしまいましたが遂に幸せエンド!
 このお話が一番好きです。梓可愛いッ。
 しかしながら梓、製作者側に一番ぞんざいに扱われているっぽいのですが!
 ラストのいちゃいちゃが微笑ましくって良いなぁと感じました。
 犯人切な過ぎ。モロ悪な奴じゃあ無いだけにッ!
 主人公に心の支えがあったように犯人にも心の支えがありました。
 故に、不幸せじゃあ無かったと信じたいです。
 違った出会いがあれば2人は幸せになれたのだと思います。思いたいです。
 例えば楓と主人公のように。初音と主人公のように。
 信じ続けていればきっと又出会う機会がある筈。来世で会おうぜ。
 しかしながら糞ったれのヤクザムカツク。真のヒロインは貴之です。薄幸!
 犯人ルート!
 主人公が犯人を倒すのでは無く、想い人に止めを刺されるのが真の犯人の最期だと信じます。
 最後に見たのが初音ルートだったのですがホラーっぽい展開で恐かったです。
 ホラーのお約束通り後味が悪いのも良い塩梅ッ!
 本当に色々なお話が楽しめて満足。
 そうして主人公の想像ハーレムには笑ってしまいました。梓の扱い悪すぎッ!
 エロは凌辱と純愛が半分半分?
 登場する婦女子は一人を除いて全員処女!
 痛そうなプレイ&苦痛描写が多くて若干キツイ物がありました。
 楓の「精液拭き取り」シーンは少々と言うかかなり気持ち悪かったです。
 しかしながら処女まみれなのが気持ち悪く感じられました!
 処女の回転寿司!処女の有り難み薄し!
 おまけシナリオも沢山あって楽しくプレイする事が出来ました。
 パクリ作品があるらしいのですが。リニューアル版(絵が酷い…)では削られたそうです。
 商業作品でパクリをするのは最低だと思った。(極めて普通の意見)
トラベルミン