INDEX BACK
黒の断章 THE LITERARY FRAGMENT
製作元 アボガドパワーズ
動作環境 セガサターン(Win 98/Me/2000/XP)
ジャンル パースペクティヴ・モダンホラーAVG
価格
DL版 2500円
パッケージ版 6300円
発売日
DL版 2007/08/10
パッケージ版 1997/08/08
あらすじ

――日が落ちようとしていた。
西からひた落ちる夕陽の残滓(ざんし)が屋上のコンクリートをオレンジに染める。

夕陽はあまり好きではない。
真実、この刻が凶事を呼ぶ事があるのを…私は知っている。

逢魔刻――オウマガトキ――。禍を運ぶ時刻…。
殺風景な屋上には、ただ給水塔とその低いフェンスの影が落ちているのみだ。
                                  (本編より)
都内某所。入居者数がそろわないままの不景気なマンション。互いの顔さえ知らぬ入居者達。
突如起こった一家惨殺事件。
好奇心から事件に巻き込まれる探偵、涼崎(すずさき)と草薙(クサナギ)。

失語症の少女、40C号室、抗酒剤シアナマイド、記憶の空白、女情報屋、血文字、スペシャルディナー
エレベータ、天才蝋人形師クレメンテ・スシーニ、マザーグース
硬蛋白質、繊維芽細胞、盗撮、アクアマリン、医学の定義、カーテン、REM睡眠、消える紙片、生まれない児

異常体(インス)マウス

そこには何の関連も――あるはずが無かった。

合衆国メイン州リヴァーバンクス、ベルテインの夜、廃教会、ミスカトニック大学、ナコト写本
ヴェイリウム、放射線炭素測定、ヘルズ・ハーフエイカー、YESかNOか

――黒の断章――

そこには何の関連も――あるはずが無かったのだ。

レビュー
 クトゥルー神話物!
 雑誌で見たCGが雰囲気たっぷりで面白そうだったので購入を決定致しました。
 「移動」「調べる」コマンド選択式のアドベンチャー!
 主人公が二人いるのですが視点の切り替えが唐突です。
 今どちらの主人公でプレイしているんだったっけ?状態に陥る事が多かったです。
 主人公の一人、涼崎(超強面)が恐くて全く感情移入する事が出来無くて困りました。
 田代まさし+西部警察の渡哲也=状態。
 フレームの巨大なサングラスが威圧的過ぎました。
 婦女子に異様にモテまくりコマしまくり。更に恐ろしさ倍増!
 片やもう一人の主人公草薙は涼崎とは対照的に空気のような存在です。
 前半は謎が謎を呼ぶ展開で面白くプレイする事が出来ました。
 がッ!犯人の動機がかなりありきたりで肩透かしを喰らいました。
 一気にボルテージダウンしたまんま後半アメリカへとフライト。
 展開に全くついて行けず完全においてけぼり状態。
 クトゥルー神話独自のキーワードが沢山出るのですが何だか説明的過ぎて今一つ。
 しかも全く怖くありません。消化不良っぽく感じられました。竜頭蛇尾状態。
 CGは物凄く繊細で美麗です。
 グラフィッカーの執念を感じました。凄過ぎ!
 PCからセガサターンに移植するに当ってヒロインの外見ををアダルト系からウザ目の萌えッ娘系にしてしまったのは勿体無く感じられました。
トラベルミン