INDEX BACK
鬼哭街
製作元 Nitro+
動作環境 Win 95/98/2000/Me/XP
ジャンル ストーリーノベル
価格
DL版 ----円
パッケージ版 3800円
発売日
DL版 ----/--/--
パッケージ版 2003/09/26
あらすじ

間違った未来、誰かが選択を誤った世界。
犯罪結社・青雲幇の牛耳る上海に、一人の男が舞い戻る。
彼の名は孔濤羅。
かつては幇会の凶手(暗殺者)であり、
生身のままにサイボーグと渡り合う『電磁発勁』の使い手である。
仲間の裏切りによって外地で死線をさまよった彼が、一年の時を経て上海に戻ってみれば、
すでに裏切り者たちは幇会の権力を掌握し、
そればかりか濤羅の最愛の妹までもが辱められ殺されていた。
怒りに身も心も焼き尽くされた濤羅は、
その手に復讐の剣を執る。
仇は五人。
いずれ劣らぬ凶悪無比のサイボーグ武芸者たちを、
一人また一人と血祭りに上げながら、
孤高の剣鬼は魔都上海の夜闇を駆け抜ける。

レビュー

 発売された当時、分岐無しの完全ノベル&戦闘シーンがやたら多そう。
 デモムービーを観ても特に特に何も惹かれる物を感じず。
 だったのですが、シナリオ:虚淵玄&原画:中央東口コンビ
 【沙耶の唄】が非常に面白かったので興味を持ちました。
 パッケージイラストが……怖い!
 女性の生首に囲まれて呆けた表情の幼女……
 どんなストーリーなのかサッパリ想像がつきません。

:システムは 普通?Siftキーでスキップ・バックログは右クリックで表示されるメニュー・メッセージログで!
:音楽良し!
:声無し!(問題無し!)
:CG枚数は差分込み100枚(背景含む)

 非常にテンポが良く読みやすいテキスト!一気に読破!
 人名と言葉が異常に難しいのですが大丈夫!勢いに流されると良し!
 仲間の裏切りで瀕死+唯一の肉親である妹を弄り殺されかつ残酷にも魂を五つに分割されてガイノイド(性欲処理用人造人間)に組み込まれた妹の魂を回収!
 分割された妹=キン肉マンのミート君を思い出しました。
 ガイノイドの所有者5名=復讐の対象!主人公孔涛羅(コン・タオロー)の怒りマキシマム!
 エロシーンはあって無きが如し!
 行為そのものは地味なのですが快楽系ではなく拷問系で痛々しいです。
 この作品のキモはエロでは無く戦闘!
 正直戦闘物なんて興味無ェよ〜〜ォ〜〜ッッッ!
 と、思っていたのですがメラメラと熱い魂と魂のぶつかり合いを体感しまくり!
 CG+文章+効果音がガッチリマッチ。
 派手で臨場感あふれるイカス戦闘シーンが怒涛のように展開されます。
 東口さんの描かれる男性キャラクター達は筆舌に尽し難い格好良さが!
 ノリノリで読ませて頂きました。
 主役級キャラクターから脇役に至るまで格好良さを堪能させて頂きました!
 プレイ後男性キャラクターしか頭に残っていないのは、美少女ゲームとしてはどうなのでしょうか。
 怒りに燃える孔涛羅……!ラブ!
 戦闘!全然期待していなかった呉戦が非常に燃えました。
 ガイノイド:ペトルーシュカが壮絶!CGもイカス!しかしながら彼女の最期のシーン。
 首を斬り飛ばされた後ブルネット(黒髪)の髪の毛が〜〜と描写されていたのですがどこをどう見てもブロンドです(細かいって?)
 文字通り命を削り節の如くガリガリ削りながら戦う主人公孔涛羅(コン・タオロー)に涙。
 主人公なのに一切合財エロシーンが無いストイックな憎い奴!
 エロティックチャンスは到来するのですが漢らしく断固拒否権発動!
 ニトロプラスと言えば人外幼女。何故幼女なのか無理の無い設定があってホッと一息!
 幼女がマッパになるシーンがあるのですがマッパなので当然モザイクが。
 しかしながらエロスとは遠くかけ離れた大真面目なシーンなのでモザイクの必要の無い構図にした方が良かったんじゃないかなァ。

 目的を達成する為ならば手段を選ばない狂女!
 誰が頭がおかしくなる程傷付こうが誰が何人死のうが大会社がブッ潰れようが知ったこっちゃ無いねッ!
 自分の為にモノホンの死闘を繰り広げている二人の横でピースフルにエロス展開ッ!
 反省の色全く無しッ!独占欲の塊の彼女の取った選択はッ!?
 滅茶苦茶であります!体をの部位を付け替え可能な世界は倫理的に間違っていて怖いッ。
 オチは……本人達は幸せ?なのでしょうが……本当の意味で狂気です。
 ……目覚めなかったって事で良いのかな?

 しかしながら劉豪軍(リュウ・ホウジュン)の女を見る目の無さに涙。格好良いのに……

トラベルミン