INDEX BACK
渇望スル島
製作元 FunnyCrankyMom
動作環境 Win XP
ジャンル ホラーノベル
価格
DL版 フリーソフト
パッケージ版  
発売日
DL版 2008/12/19
パッケージ版  
あらすじ

廃墟マニアサイトの常連に管理人から持ちかけられた白寿島ツアー。
20年ほど前に無人になったその人工島へ大学のサークル仲間と参加した主人公。
他の参加者と供に島に渡るが……

レビュー

Nスク製ノベル。
メインシナリオは4つ。軍艦島がモデルとなってるのでSIREN2や他のフリゲでもおなじみ(?)の風景が出てきます。
主人公含め管理人+他の参加者で計11人、その殆どが開始早々に登場するもわかりやすいテキストで「こいつ誰だっけ?」状態にならないのが地味に凄い。
普通これだけ一気に出てくると分かりづらくなるのにそう感じさせない。
話の選択肢はほぼこの序盤に登場。シナリオが分岐すると1本道に近い状態になりあまり選択肢はなくなります。

開始後ほどなく島に渡り廃屋探検スタート!
いつものようにビビリ+一回目のプレイということで当たり障りの無い選択を選んでいくとどうやらシナリオ分岐。


【食いしんぼ編】

え?食いしんぼ…編…??
いきなりサブシナリオ……?これホラーノベルじゃなかったっけ…
てかいきなりサブに分岐するってバランス悪くね?とか思いつつやたらと口の悪い幼馴染+なんか好きになれない性格の主人公の会話を延々と読むことに。
もーいいよーそんな小さい頃のエピソードとかいいよーだりーよー、
読みてぇのはホラーだよちくしょー…もうブログになんて感想書いてやろう……と頭の中でずっとグチグチと繰り返していた矢先。

(;゚Д゚)ええええ

だ ま さ れ た あ あ あ あ
そしてタイトルの意味に納得。
まぎれもなくホラーでしたどうもすいません。

続いて最初に戻り【侵略者編】
一見ホラーぽくないシチュエーション。
細かいことはネタバレになるので避けますが、これも
(;゚Д゚)あ あ あああ! となって終了。
2番目のあれが吉田戦車風で笑ってはいけないところですがちょっと笑ってしまいました。
一磋、男前やなあ……。


【殺人幽霊編】
3度目のプレイにてようやく本編?というかオーソドックスなシナリオへ突入。
不条理っぽいホラー?本来ならこれを一番最初にやるべきだったんじゃないかって気がしました。

【SHINOBI編】
あきらかにおまけシナリオ。
どこから分岐するのか一目瞭然なので一番最後に読むの推奨。
いい感じにバカバカしく仕上がっています。彼は現行の中二病患者なのですねわかります。

以上読んだシナリオ順に感想を書いて行きましたがエピソードによってかなり作風がちがうので読んでて楽しかったです。ブログを読むとお二人(ご姉弟?)で分担して書いていらっしゃるんですね。
ただ、話によっては主人公がやたらといけ好かない奴だったり、
「あるあr…ねーよwww」「スイーツ(笑)」「ちょwwwおまwww」等どうも話のイメージにそぐわないような表現も多々。
食いしんぼ編でのことなので、オチを考えれば合点がいかないこともないのですがちょっと不要な表現の気がしないでもなかったです。
SHINOBI編以外で主人公がプレイヤーのことを口にするくだりもメタ視ってことなんだろうけどこれもなくても良かったなあと個人的には思いました。

全てのエピソードの中で、SHIONOBI編の「大学ノート15冊の長編小説」が一番可哀想でしたw

文責:栗柳【シマイモ観察日記
トラベルミン