INDEX BACK
怪奇現象調査本部:ミスティック・ホスピタル
製作元 ORNEON
動作環境 Win XP/Vista
ジャンル アイテム探し・ADV・パズル
価格
DL版 998円
パッケージ版 ----円
発売日
DL版 2011/07/30
パッケージ版 ----/--/--
あらすじ

第一次大戦中に政府は軍事病院を極秘実験室に改造してそこで恐ろしい人体実験が行なれたらしい。それ以来この病院には怪奇現象が起こるとの噂が絶えない。そこで怪奇現象特別調査官のキミは真相解明のためこの病院へ潜入することになった。廃墟化した病院敷地内に生息する謎の生き物や奇妙な装置の数々。各病室の入口に取り付けられた意味深長なシンボル。調査するキミをじっと見つめる黒い影。一体この病院で何が起こったのだろうか?難解なパズルやアイテム探しゲームを解いて手がかりを見つけながら徹底的に調査し謎を解明しよう!

レビュー

 購入は→コチラ

 メニュー画面は、
・スタート
・オプション
・ヘルプ
・ハイスコア
・クレジット
・終了

 となっております。

 レッツ☆プレイ
 ウィンドウサイズは1024×768!
 人体実験が行われていた恐怖の施設へ大潜入。
 依頼主も瞳孔が開いていて魚類チックで非常に怪しい人物。
 背景は3Dタッチで綺麗です。
 ムービーは過去の出来事がセピア調の油絵タッチ。
 怪物出現時は3Dタッチ。
 目的は人体実験により生み出された6人の怪物の封印。

 怪物が産れた過程や怪物がアメリカンなので怖さや悲壮感薄め。
 死体ガゴロゴロ転がっている病院の敷地内を縦横無尽に移動して怪物を封印して行きます。
 ヒントはチャージ式。チャージ早め。
 アイテム探し・パズルetc...
 謎解き要素満載な楽しい作り。
 パズルは全てスキップする事が可能です。
 アイテム探し画面はクリアで見やすいのですが、誤訳で難易度アップ。
 角がトランペットだったり、スペードがスコップだったり。これは困りました。
 今作はアイテム探しの逆パターン、
アイテムを正しい位置に配置するゲーム大登場!
 アイテム探しが連続すると正直疲れます。
 故にアイテム配置ゲームは非常に新鮮で面白かったです。
 謎解き。 少々難易度高めですが問題無いレベルです。
 人道に反した実験を繰り返していたダゴン博士。ダゴン!
 怪物が産れた過程の荒唐無稽さは実は宇宙的な力が働いていたのでしょうか。
 納得です。
 終盤に判明するダゴン博士の本名。
 ファーストネームはクトゥルー神話です。
 ラストネームはギリシャ神話でした。
 酷い!
 一番怖かったのは恐怖の人体実験に常に付き添っていたナース。
 鋼の精神。
 陰湿さの無いパワフルな廃病院ホラー。
 お国柄の違いでしょうか。
 エンディング。非常に爽やかに終了。
 後に心霊スポットとして定着しそうな予感が致します。

トラベルミン