INDEX BACK
ナナシ ノ ゲエム
製作元 スクウェア・エニックス
動作環境 ニンテンドーDS
ジャンル ホラーアドベンチャー
価格
DL版 ----円
パッケージ版 5040円
発売日
DL版 ----/--/--
パッケージ版 2008/07/03
あらすじ
街では、とあるゲームの存在が、まことしやかに噂されていた。

「突然配信されてくる呪いのゲームをプレイすると、1週間以内に死ぬ」

そんなある日、主人公の先輩が、「突然配信されてきたゲーム」をプレイし始めてから大学のキャンパスに突然姿を見せなくなった。先輩の自宅に様子を見に行くことになった主人公のあなたは、想像を絶する光景を目にする。呪いのゲームは都市伝説などではなかったのだ! それを知ってあなたは動揺を隠せない。そんなとき、自分の携帯ゲーム機に見知らぬゲームが突然配信されてきた……。

死が訪れるという1週間の内に、あなたは「呪いのゲーム」に隠された謎を解き明かし、生き残ることができるだろうか?

レビュー

■視覚の恐怖
「現実」の主観視点を縦二画面で表示。自由な視点とリアルな情景が、プレイヤーを恐怖の日常へと誘っていく。本作に出てくる携帯ゲーム機はそのままプレイヤーの持つDSと融合。呪いのゲームや協力者からのメールは横画面で表示される。

■聴覚の恐怖
何かの息遣いが聞こえる・・・。立体感のある「3Dサウンド」がプレイヤーを襲う。ヘッドフォンでプレイすれば、恐怖はより深く・・・。

■直感的操作
画面でタッチペンをスライドさせることで、上下左右を直感的に見渡すことができる。死角や背後をもフォローする自由な視点移動がより、リアリティに近づく。ドアを開くなども、様々な動作も、タッチペンで直感的に操作できる。

 以上Amazon.comより転載させて頂きました。

 2008年夏!DSホラー祭り始まるよ!(ワッショイワッショイ!)その中個人的に一番大注目していた作品です!
 本来ならば感想が出揃ってから購入致そうと思っていたのですが物欲に負けました!発売日に大購入!(ドーン)

 プレイ時間はズバリ深夜→自室に一人→ヘッドフォン装備→消灯
 準備は整いました!

 レッツ☆プレイ!
 ア・アレ?これはもしや……アクションADV!?しかも操作性が悪い!
 障害物に引っ掛かって思うように歩けません。
 DS縦持ち上ボタンで歩く+画面の中央をタッチペンをズドンと突く事で走ります。
 超鈍足+画面の画質が悪い=非常に目に負担が掛かります。
 謎解きADVじゃなかった!
 反射神経ゼロッ、否むしろマイナスです。
 私は絶対手を出してはならぬ禁断のジャンルです!
 しかしながら購入してしまいました。一瞬即売りに行こうと考えました。
 がッ引く訳には参りません!

 レッツ☆プレイ!
 「アトナノカ」
 キャンパスに来ない先輩!
 先輩の彼女にパシらされ先輩の住まう超高級マンション「ファミール天神」に様子を見に行く事に。
 先輩宅は仰天の状態になっております!(ウンコ有)
 友達に応援を要請したい所ですが単身家捜し。
 操作に慣れる為か障害物多めです。非常にゴチャゴチャしております。
 音響による演出がモロ凄いです。
 臨場感タップリ!ヘッドフォン必須!無しだと面白さ1/10以下!
 明らかに妖しいアイテムにタッチしても何の反応も無し。
 単なる背景です。
 アイテム収集系では無いので致し方無いのですが少々寂しいです。
 ゲーム内ゲームはDS横持ちです。
 正直持ち替えが面倒です。
 オーソドックスなRPG調です。
 ……ですが残念でした!門に閉ざされた町にて住人の話を聞くだけのミニゲーム。
 ゲーム内ゲームのアイテム収集が真エンディング・凡エンディングの分かれ道です。
 理由その他の説明は一切合財ありません。
 ゲーム内のアイテムが一体何を意味しているかの説明も無し!
 アイテムのコンセプトの説明は頑張れば全て見る事が出来ます。
 特に意味はありませんが!
 期待していた要素!
 「現実が恐怖に侵食され、境界線が崩れ始める…」
 ゲーム内ゲームの影響を受けて現実世界が徐々に歪み始める!
 +謎解きを期待していたのですが全く違っておりました。
 ズバリ!ヴァーチャル(死語)お化け屋敷!
 ドカン!ウギャー!系恐怖度MAX!何度も叫び声を上げてしまいました!
 生き死にが掛かった運命の七日間中唯一接触する人物!教授!
 教授ににパシらされタイムリミット、
 「サイゴノヒ」まで毎日毎日、何故か真夜中に廃墟探索ライフを送る羽目に!
 主人公は大学生です。何故糞真面目に授業に出ているのでしょうか。
 命の危険性がある時位フリーダム精神を発揮して頂きたかったです。
 
 舞台!
 電車・廃病院・中野ブロードウェイ・個人宅(廃屋)・廃ホテル・灯台

 教授との連絡手段はTS(ツインスクリーン=DS)メール機能のみ!
 文明の利器携帯電話を持たない不思議!には目をつむる必要があります!
 クリーチャー(関根勤酷似)がバンバン登場致します!
 正直関根勤が何人増殖しようが怖くありません。避け系です。
 出たッ!→全力で逃走。
 クリーチャーは動きが遅い&動きが規則的なのでバイオ系が得意な方は非常に簡単であろう。
 私はモロ一杯一杯でしたが!
 逃走中ゲームが配信されて参ります。
 主人公はTSをやおら開きいきなりゲームをプレイング!
 アトナノカ〜サイゴノヒまで一週間!
 ストーリーはあって無きが如し。
 呪いの正体&目的が若干つじつまが合ったり合わなかったりしますが超常現象なので!
 以上!
 廃病院!
 滅茶苦茶妖しい実験が行われていた風味!
 しかしながら謎は一切解き明かされる事無く終了。
 富士急ハイランドのホラーアトラクション・戦慄迷宮【ナナシ ノ シタイ】とリンク。
 怪しいアイテムテンコ盛り。
 ここへ来て妖しいアイテムにタッチしたら反応があるそうです。
 恐怖演出は序盤だけで中盤〜は関根勤避けゲームです。
 強引に感動系に持ち込む爽やか過ぎるエンディング。
 螺旋階段で操作が辛い灯台を無意味に昇り下りさせられたのは腹が立ちました。
 そもそもテーマがおかしいとか!
 登場人物に突っ込みタイム!
 個人的な目的で製作するなら正直ツクールで良いのでは無いでしょうか。
 会社が危ないのに売れそうも無いゲームを延々と製作し続けるのは馬鹿です。
 社長に切れられても仕方がありません。
 TSはDSよりも高性能な設定です。
 ファミコン初期のようなグラフィック+一曲しか無い音楽!
 スタッフは心を込めて制作していたと魂の篭った力説を垂れていました。
 黙れ無能軍団!
正直ショボいと言わざるを得ない出来!
 ちなみに分岐etc...等は全く無く完全な一本道です。3〜5時間位でクリア出来ます。
 時間の無い人もサクっとプレイ出来るボリュームなのが良い感じです。
 クリアするとミエナイモオド追加!
 関根勤が大接近するまで見えないモード。何が楽しいのかサッパリ分かりません。
 細かい事を考えず頭を空っぽにしてビックリドッキリを楽しむ作品です!
 正直本物のお化け屋敷に行く方が安い&楽しい&怖い筈!と思ったのは秘密です!
 コンセプトは良いと思ったのですが……

トラベルミン