INDEX BACK
15歳だった―
製作元 ああかむ
動作環境 Win 2000/XP/Vista
ジャンル 少女告白ミステリーノベル
価格
DL版 1995円
パッケージ版 1995円
発売日
DL版 2007/03/09
パッケージ版 2007/03/30
あらすじ

まだ幼く見えると言ってもいい、一人の少女。
「まゆ」と名乗る彼女は、出会い系サイトで知り合った男「みくろ」に援助交際をもちかける。だが、待ち合わせ場所に現れたのは、少女よりもさらに年下の――少年だった。
急速に惹かれあう「まゆ」と「みくろ」。しかし、少年は、急激に成長してしまう奇病のために余命いくばくも無く・・・

――と、語る彼女の手記は、真実か?狂言か?妄想か?

周辺の証言は、その手記を裏切るような無惨な現実を赤裸々に語る。
手記と証言、相矛盾する2つの語りの間に挿入される、少女の性体験。
真実を知るのは、ただ一人の人物のみ・・・

レビュー

 体験版をプレイして興味を持ったので発売日に購入致しました!
 いつでもどこでもパッケージ版。女性も手に取りやすいであろう絵柄&デザイン。

 DVDパッケージ。パカ。説明書はB6変形の紙に片面一色刷り印刷の紙が一枚。

:CGは差分含まず22枚・差分含む133枚(2枚程登録されない差分有)
:シーン回想23ヶ所

◇CGモードあり
◇エッチシーン回想モード付き
◇メッセージスキップ、バックログ閲覧可能
◇ボイスリピート機能付き

 ゲームシステムが変わっております。
 「少女の手記」
 「少女の目撃証言」
 「少女の体験」
 話を読進めるためには、この3つのシナリオを交互に選択していかなければなりません。
 最初に洒落にならない猟奇殺人事件が発生。掴みはOK!

 「少女の手記」
 は少女の独白形式。
 「少女の目撃証言」
 は様々な人達の会話文形式。
 かなり大勢の人物の目撃証言有。
 年齢や職業によって会話文が上手く書き分けられております。
 しかも目撃証言は自分に不利にならないよう嘘が入っております。
 綺麗事無し!人間の汚い部分もガッチリ描写しております。
 男性ならではの汚さ&女性ならではの汚さ!秀逸です。
 「少女の体験」
 エロシーンです。

 物語の断片断片にある共通部分と思わしき部分を繋ぎ合わせます。
 言葉の裏を読み取り点と点を繋いで線にして行く形式。
 読み進めて行く内にドンドン謎が大増量&複雑に。
 謎が解決したと思わせ更なる謎が。
 飽きさせない作りになっております。
 が!問題は、「少女の体験」です。
 エロシーンなのですがエフェクトとSEがゲーム進行を大きく阻みます。
 正直非常に鬱陶しく感じました。
 CG枚数やエロさを補強する為過剰な演出が施されております。
 正直鬱陶しいです。

 シチュ
 アナル・強姦・痴漢プレイ・薬物・輪姦etc...
 ストーリーがストーリーなので!

 そうしてシステムにかなり問題があります。
 スキップOFFは右クリック。
 スキップが超高速な上、シナリオ選択画面で解除出来ません。
 「少女の手記」「少女の目撃証言」が一瞬で流れてしまう切ない弊害が発生!

「少女の手記」は、少女のノートに少女自身の文章が書き込まれて行く形式です。
「少女の目撃証言」「少女の体験」メッセージ枠の横に、

■Q-SAVE ■Q-LOAD
■Back Log
■Skip
■Auto
■V-Rpeat

 上記のメニューが表示されているのですが、
 「少女の体験」時のみ演出によりメニューが消滅してしまう事が多々あります。
 「少女の体験」はオートプレイをする事を前提にデザインされているように感じられました。
 ボイスリピートはメッセージ枠に少女のセリフが表示されている間のみ有効。
 しかしながら文字の表示タイミングは演出により一定ではありません。
 故にガンガン流れてしまいます。
 バックログはバックログボタンを押さないと見れません。
 バックログからのボイス聞き返しが出来ません。
 初回プレイでは理解不可能でした。
 周回プレイする事によって謎が氷解する事が多々ありました。
 切実にエフェクトOFF機能を搭載して頂きたかったです。
 CG!文句無しで美麗です。
 下着のデザインも可愛い上かなりの種類が用意されております。
 差分は汁差分や表情差分等の細かい差分のみ。
 CG担当は【黒の断章】の吉澤友章さん!
 【15だった――】は淡い水彩タッチの塗りで画面の密度高めです。
 フェイスウィンドウの顔が若干崩れているのが気になりました。
 元々が恐ろしく上手い方だったので少々残念に感じられました。
 選択肢はラストの一ヶ所。どちらを選ぶかは自由です。少女を選ぶかそれとも。
 実は物語にはエピローグがあります。場所は回想モードから。

 バグ?でCGモードのCGの下一列と右一枚が登録されません。
※エピローグを見たり回想シーンを見ると埋まります。
 プレイ時間はボイス・演出等をなるべく全部飛ばさずにプレイして5時間位。
 結局物語は解決したのか解決しなかったのか。
 正直完全には理解出来ませんでした。
 余韻が良いのかも知れませんが。
 微妙に続編がありそうな終わり方です。
 システム以外はハイクオリティです。ミステリーがお好きな方は是非!
 ネタバレ考察↓↓↓
・最初の独白はまゆ。賽子(さいころ)はまゆの手の中→ラストの選択肢。
・少女の体験はあくまでも取材に基づいた少女の体験を再現=外見が全てまゆなのもそのせい。
 取材に基づいているので取材を受ける側は決して自分に不利な事は語らない。
 他人の体験も混じっている可能性も捨て切れない。
・人形を発注したのはまゆ確定。
・少女の体験のいくつかは人形の体験。
・みくろは出来損ないのホムンクルス。
・ゆめはまゆのクローンで15歳と同時に老化が始まる。
 =出産は最後のチャンス=クローン同士の子供誕生
・まゆは妄想の中でみくろと会い自身の体験を正当化する為に純愛だと思い込む。
 ゆめはホムンクルスのみくろと会い恋に落ちた。
・スーツケースの中身は本物の人間の胴体。
・駅の幽霊・マンションの幽霊・人形の残骸の謎。
・北海道から来た記者はまゆの文通相手だったみくろ。

トラベルミン