INDEX BACK
月姫
製作元 TYPE MOON
動作環境 Win 95/98
ジャンル マルチシナリオNOVEL
価格
DL版 ----円
パッケージ版 2500円
発売日
DL版 ----/--/--
パッケージ版 2000/12/29
あらすじ

幼い頃の怪我の後遺症により、「モノの壊れやすい線」が
見えてしまう主人公「遠野志貴」は
8年間預けられていた家を離れ、実家へ戻ることなった。
すでに他人のような妹、そして二人の使用人との
古い洋館での新しい生活が始まる。

時を同じくして多発する猟奇殺人事件。
被害者は一様に全身の血液を抜かれていた。
ある出来事をきっかけに、志貴は
吸血鬼達の壮絶な戦いに巻き込まれて行くことになる。
純白の吸血鬼は微笑む。

「私を殺した責任、とってもらうからね」

レビュー

  熱烈なファンの方総員退避!スミマセン!

 ネットでのあまりの大好評っぷりに興味を持ちまして!
 折角なので何の知識も得ずまっさらの状態でプレイをする事にしました。

 パッケージを手に取っての第一印象は絵が苦手。
 プレイを始めての第一印象。
 今時感漂う吸血鬼モノ&禁断の呪われし血族モノ&月が象徴。
 若干拍子抜け。
 キャラクターデザイン&原画は良い意味でも悪い意味でも没個性的です。
 大味な色気無し。
 暗い雰囲気のシナリオと噛み合っていません。
 繊細で深みのある絵柄の方を起用した方が雰囲気作りに一役買ったのでは無いのでしょうか。
 テキストでは可憐な少女と描写されているのにも関わらず……
 画面に表示されているのは元気一杯な女子。ギャップに苦しめられました。
 戦闘シーンが盛り沢山です。
 テキストのボルテージを更にドカンと高めるCGの塩梅やいかに!?
 真っ黒な画面+α。
 そうしてこの作品は尋常じゃなく冗長です。とにかく長いッ!長過ぎッ!
 小説だと5000枚以上の作品でも余裕で一気に読破出来ます。
 と思ったらば私には小説でも一気に読破は絶対に無理な量でした。
 新書サイズの本で約13cm位。
 真面目に限界です。
 ゲームにはゲームに適した長さがあると思うのです。
 プレイしてもプレイしても一向に終わる気配が無いので流石に嫌になってしまいました。
 文章を読むのが辛くてプレイを中断したゲームは始めてです。
 ロールプレイングや戦略シミュレーションだと長時間プレイしてもそれ程疲れません。
 文章と絵だけでメリハリをつけるのは無理難題だと感じました。
 病弱だけれど精神力の極めて強いという設定の主人公。
 普通の人よりも全然元気です。
 急に倒れたり精神的に危うくなったり致します。
 それ以外の行動が心身共に羨ましい位元気過ぎ。
 6km走りっぱなしでも平気です。アスリート顔負け。
 無理を押して外出したり。貧血持ちはもっとフラフラで覇気が無いです。
 エロシーン!デッサンと構図が物凄い事に。人体の不思議展。
 そうして主人公の体調ばかり心配してしまいました。
 システムは非常に非常に快適でした。
 メッセージスキップは勿論場面スキップの存在が非常に嬉しかったです。
 サクサクプレイング!
 音楽も神秘的な雰囲気が出ていて良い感じでした。
 曲数が少ないので長時間プレイしているうちに流石に聞き飽きてしまうのが難点です。
 バッドエンドに到達すると攻略のヒントを教えてくれるのが有り難かったです。
 何と全てのエンディングを見るとおまけシナリオまであるとの事です。
 製作者の熱意を感じました。
 正直な所私の肌には全く合いませんでした。
 フル装備のシエル先輩が格好良かったです。ボディペインティングイカス!

 アルクェイドトゥルーエンド→アルクェイドグッドエンド→シエルグッドエンド→シエルトゥルーエンド→秋葉ノーマルエンド→中断

トラベルミン