INDEX BACK
図書室のネヴァジスタ「THE FOOL」
製作元 TARHS
動作環境 Win 98/98SE/Me/2000/XP/Vista
ジャンル ミステリーノベル
価格
DL版 フリーソフト
パッケージ版  
発売日
DL版 2007/04/07
パッケージ版  
あらすじ

それは、ネヴァジスタが用意した、ひとつの「ゲーム」
 
エイプリルフールに開かれたドラッグ・パーティー。
参加者はシークレット・サイトのチャットルームの住人――
「ケット・シー」「クランケ」「エイプリル」「イギー」「ミルク」「k」「ゴースト」
そして、サイトマスター「ネヴァジスタ」
 
 
「全員のハンドルネームを、最初に当てた人物に賞品を」
――5キロの覚醒剤。末端価格で二億を超す代物だ。
 
 
ネヴァジスタがマフィアから奪った覚醒剤をめぐって、
潜入麻薬捜査官、マフィアの使い、また前回のパーティの復讐劇が交錯する。
誰が友人で誰が敵なのか、何が嘘で何が真実なのか。
 
 
>Who is Neversista・・・?
 
 
果たして、パーティが終わるまでに、全てのハンドルネームを暴くことができるのか。

レビュー

エイプリルフールに開かれたドラッグ・パーティーで、
全員のHNを当てていくというAVG。
一番最初に当てた人に末端価格2億円の麻薬がプレゼントされるということで
参加者はお互いのHNを明かさない中、お話が進行していきます。

制作中ゲーム「図書室のネヴァジスタ」の立絵をリサイクルしたエコロジー・ノベルですが、
本編のストーリーとは関係ありません。
本編体験版のプレイ前、プレイ後、どちらでも問題なく遊んで頂けますが、
プレイ済の方がより楽しく、より難しくなると思われます。

ということで、本編の体験版をやらずに(めんどくさがりなので)開始!

5分で心が折れた。

OPとチャットログが終わってのメニュー画面で、
また再度OPが流れるところを押してしまったらしく
もうHNを当てるとかそれ以前の問題ですねサーセン。

気を取り直して再開。
するとパーティ参加者が出てきて話を始めるのですが、
名前を覚える間もなく次から次にどんどんと!
大量投入!ちまちま出すとかそんなまどろっこしいこと一切なし!
覚えられないんですが自分だけですかそうですか。
キャラの立ち絵と、その絵が表示されているときに
喋っている人物が一致しないということも覚えづらさに一役買ってます。
ちゃんと名前は表示されるんだけどめまぐるしく会話が進むので
誰が誰やらさっぱり……バックログでは名前が表示されないのでもはや意味なし。
終始置いてけぼりのままHN当ての所までたどり着きました(読むだけだから)。
この入力もキャラごとに解答画面があって、正解だとエピローグが読めるので
別にメモを取って真剣に考える必要がないので助かりました。

これは本編の体験版をやってないと絶対楽しめないですよ。
キャラが把握できないって時点でどうでもよくなるし。
そんなわけで本編の体験版をDLしてみました。
もっと画面に表示されているキャラと実際にセリフを言っているキャラの
区別が付けづらくて参りました。

このフールも本編体験版も、
曲を使った演出は非常に上手いし本編の先を読みたくなるような
お話の構成はステキなのですが、バックログ等ちょっと勿体無いと思いました

文責:栗柳【シマイモ観察日記
トラベルミン